masaaki KATO's http://www.gasho.net/ デジタル絵日記
  2001年1月20日
「核融合の話」
2001年1月20日、苫小牧市文化会館
左より小野有五・北大大学院教授、作家・立松和平氏、
原子力資料情報室・西尾獏共同代表
  本日、「STOP ITER!苫小牧集会」と題する反対集会を取材した。そもそも、ITER(イーターと発音する)は、日本、米、ロシア、EUが共同で新たなエネルギーとして熱核融合の実験炉を建設しようというもの。
  しかしながら、米はすでに手を引きロシアの財政事情は良くない。EUについても脱原発の流れが押し寄せている。相変わらず原発を作りつづけている日本だけが、この計画に積極的だ。
  そんなわけで、国際的な計画でありながら国内に建設される可能性が極めて高い。誘致に名乗りをあげている3ヶ所の中でも、破綻してしまった苫東に決まるのではないかとの下馬評が多い。ということで、本日の反対集会となったわけだ。

  誘致に積極的な側に言わせると「熱核融合炉は、きわめて低レベルの放射性物質が出るだけなので原発よりはるかに安全」とのこと。
  しかしながら、この「低レベル」というのが曲者で、原発の発する「高レベル」放射能と較べて「低レベル」なのであって、人間に安全なレベルの低さではないと言うこと。人間が近づいたなら一瞬で死に至るほどの「低レベル」だという。
  このような言葉の「意味のすり替え」は、行政側、企業側において常日頃行われるている。六ヶ所村の使用済み核燃料サイクル施設においては、地下貯蔵時に発生する熱を利用して「野菜の栽培が出来る」などと説明し、隣に女性が立っている写真を掲載し安全性を強調していた。

  騙されまい!!甘い言葉と誘惑に!!


最新の日記 2007年4月10日〜2007年6月3日
2007年2月21日〜2007年4月8日 2006年12月21日〜2007年2月18日
2006年10月26日〜2006年12月18日 2006年9月13日〜2006年10月15日
2006年8月14日〜2006年9月11日 2006年6月24日〜2006年8月9日
2006年4月14日〜2006年6月22日 2006年1月19日〜2006年4月12日
2005年10月17日〜2006年1月16日 2005年8月15日〜2005年10月6日
2005年6月5日〜2005年8月12日 2005年4月29日〜2005年6月4日
2005年3月7日〜2005年4月28日 2004年12月14日〜2005年3月2日
2004年9月28日〜2004年12月12日 2004年7月9日〜2004年9月27日
2004年4月5日〜2004年7月8日 2004年2月4日〜2004年4月3日
2003年11月9日〜2004年1月29日 2003年8月1日〜2003年11月2日
2003年4月23日〜2003年7月22日 2003年1月18日〜2003年4月22日
2002年9月13日〜2003年1月13日 2002年7月9日〜2002年9月7日
2002年4月19日〜2002年7月7日 2002年1月23日〜2002年4月18日
2001年10月3日〜2002年1月16日 2001年7月17日〜2001年9月29日
2001年5月22日〜2001年7月16日 2001年1月27日〜2001年5月20日
2000年10月16日〜2001年1月23日 1999年12月25日〜2000年10月13日

このホームページ中の写真・文章などは著作権フリーではありません。特別に他の著作者の表示がある場合やボタンなどの素材を除く著作権は加藤雅昭が保有します。著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています

Copyright 1999- 2007 加藤雅昭 , masaaki KATO ,  All rights reserved.
お問い合わせご意見ご感想
http://www.gasho.net/