INDEXページに戻る

再審請求の現状


1999年9月6日、東京高検で撮影された被害者が毒物を入れて飲まされた湯飲み


95歳で無実を訴えながら無念の獄死をした平沢貞通氏の雪冤をなすために死後の再審請求を東京高裁に提起。現在の科学の視点から、あらためて判決採用の鑑定などに信憑性がないことを立証し、半世紀後の再審開始を求めています。


犯行毒物特定

コルサコフ病の脳の鑑定と自白調書の信憑性

脳鑑定の結果公表(「平沢死刑囚の脳は語る」より)

目撃証言の信憑性

筆跡鑑定

ここに掲載された写真の著作権は、それぞれの作者に帰属します。著作者に無断で使用することは法律で禁じられています。写真の一部または全部をコピーしたり、WEB上や印刷物などに無断で掲載・転載することは禁止します。


平沢貞通氏を救う会
e-mail :
teigin-case@gasho.net