緊急報告!二風谷ダムの底は、4ヶ月間でヘドロ状態

| トラックバック(0)

nibutani.jpg苫東工業基地への工業用水供給目的に建設された二風谷ダム、沙流川の河原で毎年開催されるチプサンケ(舟おろし祭り)のために水を抜かれたダムの底は、冠水からわずか4ヶ月間でヘドロ状態となっていた。

水を抜かれた二風谷ダムの底 1996年8月20日撮影

苫東工業基地への工業用水供給目的に建設された二風谷ダム 1996年8月19日撮影

ダム底にたまったヘドロの上で催された今年のチプサンケ(舟下ろし祭り)1996年8月20日撮影
撮影:加藤雅昭

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.gasho.net/mt/mt-tb.cgi/73

PR

この記事について

このページは、1996年9月17日 19:58に書かれた記事です。

ひとつ前の記事は「「千歳川放水路計画」終結への序章-大西陽一」です。

次の記事は「放水路ルート上の「牧場」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ